草取りだけで満足してはいけない!剪定と抜根で庭を綺麗にしよう

抜根と剪定の必要性~草取りと一緒に手入れしよう~

チェーンソー

アレルギー対策は草取りだけではありません。不要な切り株の抜根や庭木の剪定も重要です。不要な草木を処分し、庭を整理するだけでアレルギー対策につながります。ここでは、そんな剪定や抜根について紹介していきます。

抜根と剪定の必要性


剪定をする必要はあるのですか?
庭木の剪定を行なうことにより、他の植物の成長を促す他、病害虫の繁殖を防げるからです。無駄な枝葉がある場合、その枝葉にまで栄養を持っていかれるので生育が悪くなりますし、太陽や風を遮ってしまうので湿気が増して害虫や雑草が繁殖しやすくなってしまうのです。ですから、庭木の剪定を行なう必要性があるのです。伸びきった枝葉を切ることで、木の生育と庭の環境を良くすることができます。
木の根っこを抜く必要はあるのですか?
不要な木がある場合は、抜根して取り除きましょう。切り株を放置している場合も、シロアリや蜂の住処になりやすいため抜根をした方がいいです。また、木の抜根は雑草取りと比べて非常に難しく、業者に頼むのが基本となります。木の根っこは地中深くに根を張っていることが多く、雑草の根とは太さも段違いのため、女性はもちろんのこと男性でも非常に素人には難しい作業となります。

剪定も抜根も庭の状態を良くするために必要な作業です。この2つを行なうことで害虫の繁殖を防ぐことができ、アレルギー対策にまでなるのです。よって、庭の手入れは雑草取りだけではなくこの2つも行なう必要があります。

業者に気軽に依頼

業者に依頼する時に考えるのは「この程度のことで依頼してよいのか?」ということです。しかし、業者のサービスは雑草取りはもちろんのこと、木一本の抜根や剪定も受け付けています。剪定や抜根は専門的な技術と知識が必要なので、木一本の作業を行なうにしてもプロにお任せしたほうが良いのです。

TOPボタン